2020年11月8日日曜日

初・MRI

 

紅葉もだんだん終盤になってきました。今日はお天気がよいので(?)リスがたくさん出ていました。普段いないような民家のブロック塀の上にまで…ちゃんと帰れたかな。。

昨年の冬頃から腰痛が悪化しており、最近は朝起き上がるのに時間がかかるようになってしまいました。
そこで病院へ。初めてMRI検査を体験。ブーブー、ガンガンガン、ビービー…何種類ものうるさい音が鳴るのですね。個人的には、音よりも仰向けで15分寝ることの方がきつかった(腰)。

診察の結果、腰椎の一番下の椎間板が薄くなっていて骨が削れてつぶれているとのことでした。そりゃ痛いよね。
ヘルニアではないようなので、ひとまず痛み止めを飲みつつ、インナーマッスルで骨を支えられるようリハビリをすることにしました。手術の選択肢もあったけれど…まだそこまでは怖いー。

ちなみに、椎間板の健康を保つには、こまめに動いて同じ姿勢を取らないことが大事だそうです。

2 件のコメント:

  1. 腰痛ですか。何度もやりましたが、辛いよね。
    それにしても、ずいぶん長いこと頑張りましたな。

    8年前、右肩から右指先まで、痺れと痛みがひどく、整形へ行ったら、
    先生曰く『根頸椎症ですな。最終的には手術もあるけど、実生活に支障ない程度に回復すれば良いですよね。どこまで治るかわかりませんが、ひとまずリハビリで頑張りましょ』ってな訳で、しばらくリハビリすることに。
    (根頸椎症って、頸椎から神経が出ている穴の周りにトゲの様な骨ができて、神経を圧迫するらしい。トゲの様な骨ができてくるのは、老化現象らしいけどね。その当時、一緒に仕事をしていた関係会社のKさんは手術したとのこと)

    リハビリテーション担当してくれた理学療法士さんが熱心な人で、
    症状を改善するためには、
    正しい姿勢の維持が大切ということで、
    そのための柔軟体操と筋トレの仕方について指導してくれました。
    首の牽引はしてたけど、マッサージとかはしてくれなくて、
    柔軟体操と筋トレを自宅でするためのやり方の指導のみ
    柔軟性の回復状態とかやり方に悪い癖がついてないか定期的に確認してもらうため通って、半年くらいたって、指先に違和感は残るものの実生活に使用がなくなる程度まで回復。
    今も現状維持です。

    『こまめに動いて同じ姿勢を取らないことが大事』
    ですよね。そういえば、長時間事務机に向かってると辛くて、用もないのに、トイレに行ったり、工作の真似事なんかしてましたな

    無理せずじっくりリハビリするのが回復への早道かも。焦らずリハビリ頑張りましょ。
    これから、寒くなるし、足元も悪くなるので、冷やしたり、滑って無理な姿勢にならように気をつけてくださいね。

    返信削除
    返信
    1. 情報ありがとうございます。周りにリハビリとか知っている人がいなかったので、助かります。
      30歳くらいから腰に違和感はあったので、長い年月をかけて骨がおかしくなっていったのでしょうね。
      もすこし早めに病院行けばよかった。でも、リハビリで多少良くなるのであれば、希望が…。
      頑張ってみます。筋力は何歳になっても必要でしょうし。

      削除