2020年9月21日月曜日

D

 


今日は敬老の日ということで、夫がケーキを買ってきてくれました。。(喜んでいい年ではない)

半沢さんも来週で最終回。昨日もおもしろかった。いろいろおかしなところもあるんだけれど、
ストーリー展開の勢いと半沢、黒崎、大和田の濃さで吹っ飛んでしまう。

昨日は、Dの書き方で書いた人を特定していて・・・あのDの書き方は私も一緒。以前働いて
いた会社で D、O、ゼロを区別して書くよう指導されたから。。同業者ならみんな同じと思う。
Oとゼロは普通に書くようになったけれど、Dはいまだにあの書き方だなぁ。

8 件のコメント:

  1. 遅くなりましたが、敬老の日おめでとうございます。

    懐かしいね。
    パソコン雑誌に載っていたプログラムをカスタマイズしながらキーボードで打ってプログラムを作っていた頃のことを思い出しました。
    出来上がったプログラムは、音楽用カセットテープを記憶媒体として保存していた時代。音楽用のカセットテレコってpcの外部記憶媒体としては回転ムラが多くて、なかなかうまく読み込めなくて苦労したもんだ。
    (FDなんか高くて、雑誌の付録についていなかった時代ね。)

    くじ引きや、座席表には、6を六と9を九と書いております。

    返信削除
    返信
    1. わたしのオフコンの時代でもFD使ってましたのに...?
      パソコンとカセットテープが頭の中でリンクしないですー。

      削除
    2. necのpc8000時代あたり。
      だいぶ後だけどFDとの初対面は、8インチのやつ。ウチワの代わりに使えそうなやつ。
      FDもドライブもバカデカすぎて、個人でなんか買えなかった時代。

      因みに、オイラは、かな漢字変換機能と3.5(?)インチFDドライブが内蔵されるまでじっと我慢してました。昔はANK文字しか扱えなかったんだよ。それまでは、会社のpc8000とかで、自分の業務の効率化

      削除
    3. なんだか難しそう…自分のためにプログラム作るんですね。
      すごいな。わたしも8インチ使ってました。5インチがとっても
      スマートに見えた時代。

      削除
    4. 簡単な、表計算とかデータベースとかでしたが、今はもう自作の必要はないですね。
      当時は、金額的に手が届く範囲では使えるアプリがなかったので

      労働組合の組合費の縦横計算が合わなくて1日書記局にこもってたのがさ、昼食後の昼休み仕事になりましたよ。毎月、金額が微妙に変わるのさ。(電卓とか、そろばんって苦手なんですよね)

      テレコム懇談会の会費請求とか封書発送用の住所録とかも作りましたよ。大先輩に手書きで請求書や封筒にあて名書かせるわけにはいかん…とか思ってね

      5インチのFDをみんなでお金出し合って一箱買って、1枚づつ分けたこともあったな😂今となってはアホみたいな話だね

      削除
    5. それがあのデータベースにつながっているのですね!
      なるほどです。
      フロッピーかぁ、、、3.5が出たときは衝撃だった( ゚д゚)

      削除
    6. 痴呆老人の昔話にお付き合いいただきありがとうございました。
      話が通じる人がいて楽しかったです(●'◡'●)

      削除
    7. どもども、わたしもボケばぁだもんで( ゚∀゚ )

      削除